元日本ハムの武田、現役引退へ

3度のセーブ王

©一般社団法人共同通信社

 プロ野球日本ハムで3度のセーブ王に輝き、社会人野球の日本通運に所属していた武田久コーチ兼投手(41)が現役引退を決めたことが21日、関係者の話で分かった。同社を退社し、今後は未定という。

 徳島・生光学園高から駒大、日本通運に進み、2003年に日本ハム入団。救援投手として活躍し、170センチの小柄な体で球威のある直球を武器にリーグ優勝、日本シリーズ制覇に貢献した。17年限りで日本ハムを退団し、日本通運に復帰した。