バドミントン栗原が引退へ

リオ五輪混合ダブルス8強

©一般社団法人共同通信社

栗原文音

 バドミントン混合ダブルスで2016年リオデジャネイロ五輪8強の栗原文音(30)=日本ユニシス=が今季限りで現役を引退することが21日、分かった。来年4月から同社で一般業務に携わる見通し。22日に富山県高岡市で行われるS/Jリーグのプレーオフ決勝にチームが進出している。

 今年は日本代表として来春までの東京五輪出場権争いに参戦。しかし、全日本総合選手権の2回戦で敗れ、来年の日本代表からは漏れていた。

 栗原は福岡・九州国際大付高を経て、08年に日本ユニシス入社。