辺野古移設、工期2倍の10年に

政府、軟弱地盤で

©一般社団法人共同通信社

沖縄県名護市辺野古の沿岸部=2019年12月

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、政府が沿岸部の埋め立てや護岸造成などの工期の見積もりを当初の5年から2倍の10年程度へ見直したことが分かった。埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤の改良工事に時間がかかると判断した。政府関係者が22日、明らかにした。

 埋め立て完了後も施設整備に3年を見込んでおり、「2022年度またはその後」としてきた普天間の返還時期は30年代以降に大幅にずれ込む公算が大きくなった。

 防衛省は早ければ25日に開く軟弱地盤の改良工事に関する有識者会議の会合で工期の見積もりについて報告する見通し。