タイ代表テーラトン、横浜FMに3年契約で完全移籍か。現地メディアが報じる

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: @changsuek

タイリーグのムアントン・ユナイテッドから2019年1月に横浜F・マリノスに期限付きで移籍したタイ代表DFテーラトン・ブマンタンが、同クラブに3年契約で完全移籍することが濃厚だという。22日、タイメディア『SMMSPORT』が伝えている。

テーラトンは今年1月にマリノスに加入し、25試合で3ゴール4アシストを記録。同クラブのリーグ優勝に貢献している。『SMMSPORT』によると、テーラトンは3年契約の移籍金3500万バーツ(1億2600万円)でマリノスに完全移籍することで合意したようだ。月給は120万バーツ(約435万円)とのこと。

来年の2月で30歳を迎えるテーラトンは、タイサッカー協会が主催した2019年度のタイFAアワードで年間最優秀選手に選出されている。今月、マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督も同選手を完全移籍で獲得することを望んでいるとタイメディアが報じていたが、それが現実になりそうだ。テーラトンの今後の活躍に期待したい。