マツダCX-30 CX-5 CX-8のオフロードトラクションアシストをテスト【試乗記】

©株式会社モータープランニング

「え?マツダが?」という試乗会の案内をもらった。内容は「オフロード試乗会」である。マツダ車のイメージにオフロード走行はほとんどない。CXシリーズはSUVではあるけど、オフロード走行を目的とはせずアーバンライフな、オンロード中心のスタイリッシュSUV、あるいはクロスオーバーという位置付けだ。そのCXシリーズでのオフロード試乗会をやるというので参加をしてきた。

CX-30。タイヤはノーマル。AWDはオンデマンド式だから4WDのスイッチはないが普通に登る

高まるニーズ

事の経緯は北米市場でのニーズだと思う。試乗前の事前説明でもSUVに対する悪路走破性を求める声は年々高まっていることと、北米ではオンロードとオフロードの混在が一般的で、いわゆる大都会からほんの少し離れただけですぐにオフロードが現れる。だから自然とオフロードでの走行性能を求める声が高まってきていると説明していた。

そこで、今回機能追加したのが商品改良のタイミングに合わせて、「オフロード・トラクション・アシスト」という機能を追加した。これは悪路走破性の底上げというより、スタックした時の脱出用機能の意味合いが強い。もちろん、スタックしそうな状況の時には、このオフロード・トラクション・アシストのスイッチはONの状態のほうが走破力は高くなるという機能だ。

ヌルヌルの路面状況だが、ノーマルタイヤでオンロード走行と同じように走れてしまう

CXシリーズに

このオフロード・トラクション・アシストの搭載モデルはCX-30、CX-5、CX-8の3機種。オフロード走行では悪路を通過できる十分な地上最低高が必要であり、十分なサスペンションストロークも必要。さらに、トラクションコントロール機能の3点が組み合わさって、悪路の走破性が高まると考えている。

ちなみにCX-30の地上最低高は170mmで、CX-5は210mm、CX-8は200mmという高さを持っている。最近オフロードイメージもあり人気の高まっているトヨタRAV4の最低地上高は200mmなので、実はCX-5はアーバンスタイルと言われているが、RAV4よりも最低地上高は高く、オフロード走破性は期待できるわけだ。ちなみにレンジローバー・イヴォークはCX-5と同じ210mmとなっている。

CX-5。ぬかるんだ急登坂でも新装備のオフロード・トラクション・アシストは不要。ノーマルタイヤでそのまま登坂できる

走行テスト

試乗コースはオフロード専用のクローズドコースで、林間コースから、急登坂、モーグルなどがコース上に設定されているコース。三菱エクリプスクロスやスズキ・ジムニーの試乗会でも同じ場所が使用されていたコースだ。

装着するタイヤは、もちろん通常の標準装着タイヤでオフロード用に履き替えてはいない。狙いはオンロード性能を維持したまま、オフロードも走行しようという試乗会だ。

今回の新機能は、低速時のオフロード走行に特化した制御モードを選択可能としているのがポイントだ。だから、スタックしてしまうような極悪路での低速の走行をサポートし、AWD全体の性能は従来のままなのだ。

だから、言い換えれば、「CX-5やCX-8はノーマルで、ここまで悪路を走破できるんだ」という印象が率直な感想だった。

特に急登坂路では、視覚的に「大丈夫なの?」という急坂道をノーマルタイヤで、AWDのスイッチがあるわけでもなく、オンロードを走行していた状態のままオフロードの急登坂路を登ってしまう。もちろん、林間コースも含め特別なセクション以外は、オンロード走行と同じ状態で、すべての周回コースを走破することができた。

人工的につくったモーグルセクションでスタックさせるが、オフロード・トラクション・アシストのスイッチを入れると簡単に脱出できる

そしてモーグル・セクションでは唯一、スタックさせることができた。対角線上の2輪が空転する状況が作れ、マッディな路面はツルツルにすべり、接地しているタイヤもスリップする状況だ。そこで、今回追加されたオフロード・トラクション・アシストのスイッチを押すと、徐々にタイヤがグリップし始め、スタック状態から抜け出せるのだ。

意外と便利なのがフロントビューカメラ。急斜面の上りで空しか見えない状況や住宅街での交差点などで威力を発揮

仕組み

マツダのAWDはロードスターを除く全モデルに搭載され、電子制御多板クラッチ式カップリングを採用している。JTEKTのITCC(インテリジェント・トルクコントロール・カップリング:電子制御カップリング)をベースにマツダが制御プログラムを作っているが、そのプログラムに今回、新しいプログラムを追加したということになる。

スイッチの場所はいただけない。覗き込まないと見えない場所なので、要検討だ。右側のダッシュボード下にある

その内容だが、空転するタイヤに強いブレーキをかけ、接地しているタイヤにトルクをかけるLSD効果を狙った仕組みだ。だから、スイッチを切ると通常走行時と同じで、前後のトルク配分は連続的に行ない、またブレーキの4輪独立制御は、スリップをフィードフォワードして制御している。しかし、この制御状況ではブレーキを強くかけることはなく、つまり、走行姿勢が乱れてしまうからで、そのため、スタックしてしまうことになる。

そこで、極悪路脱出時に稼働するオフロード・トラクション・アシストを機能に加えた訳だ。また、通常の制御状態でもまず、スタックすることはないという走破力を体験できたのもこの試乗会の狙いでもある。強いブレーキをかけずともオフロードコースの全部を走行でき、モーグルのような特殊なセクションでは新機能のオフロード・トラクション・アシストで脱出できるというわけだ。

もちろん、ブレーキを空転輪に強くかけているだけではなく、トラクションコントロールも同時に制御し、エンジン出力も制御しているのは言うまでもない。

マツダのSUVはスタイリッシュでデザインコンシャス、アーバンライフを彩るツールのひとつにまで言われるほどスタイリッシュで、存在感があるモデルだが、こうしたAWDとしての基本性能の高さも体験しつつ、アメリカを視野にした時のエマージェンシー用機能まで持つSUVに進化したと言えるだろう。<レポート:高橋明/Akira Takahashi>

マツダもキャンプの提案など、オフロードに遭遇するような場面も積極的にアピールしていた
トレーラーの横振れを制御するESCとは別のロジックも搭載しているCX-8
積載量も大きく、オフロード走破性もあればマウンテンバイクで山へ行きたくなる

マツダ 公式サイト