日向坂46・加藤史帆と佐々木久美もどハマり!「スター・ウォーズ」の“銀河系に広がる愛“を語る

©株式会社東京ニュース通信社

日向坂46・加藤史帆と佐々木久美もどハマり!「スター・ウォーズ」の“銀河系に広がる愛“を語る

1977年に誕生した映画「スター・ウォーズ」シリーズ。12月20日にはシリーズ最新作にして完結編となる「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」がついに公開されました。記者を含む日本中のファンたちが注目する中、12月24日放送の「沼にハマってきいてみた」(NHK Eテレ)では「スター・ウォーズ」が好きすぎる、“沼”にハマっている人たちを取り上げます。ゲストで「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たす日向坂46の加藤史帆さんと佐々木久美さんが登場。自身の握手会に「スター・ウォーズ」のコスプレで現れるほどハマっているというお二人を含む、数々の“ハマったさん”が現れるのですが…あまりの沼っぷり(?)にただただ驚くばかり! ファン歴の浅い記者が“「スター・ウォーズ」好きだ”とアピールするのが恥ずかしくなってしまうレベルです…。

ここで、今回出演する“ハマったさん”を少しだけ紹介します。1人目は、高校生の頃から「スター・ウォーズ」にハマった女性。シリーズ完結を記念して、全作品に登場するC-3POの擬人化コスプレに挑戦します。おしゃべりで愛嬌がある、記者も大好きなキャラクターの1人なのですが、なんとシリーズ全作でC-3POを演じる俳優、アンソニー・ダニエルズ本人にコスプレした姿を披露することに! 彼女がどんな姿でご本人の前に登場するのかはお楽しみに。続いては、プラモデル作りにハマった男子高校生。映画で感動したシーンをよみがえらせた作品は圧巻! 市販されている宇宙船のプラモデルの内部を徹底改造し、300本もの光ファイバーを通して作った電飾が特徴の力作に目を奪われること間違いありません。

そして、スタジオでは加藤さんと佐々木さんが大好きなキャラクターについて熱く語ります。記者の“推しドロイド”はBB-8なのですが、お二人がどのキャラクターをお気に入りに挙げられるのか、とても興味があります! さらに、ヒロインのレイ役を演じるデイジー・リドリーのインタビューもお二人が行うことに。夢のような対面に、果たして無事にインタビューを終えることができたのでしょうか!?

収録を終えて加藤さんは「インタビューの時間は夢のようで、終了後に涙があふれ出てきました。デイジーさんにある言葉をかけていただいたのですが、それを言ってもらえたことがうれしすぎて…。これからもっと、フォースを感じて生きていかなきゃなって思いました」と、「スター・ウォーズファン」らしく、劇中用語である“フォース”という言葉を使って感動を表現していました。

佐々木さんは「私の父もシリーズの大ファンなので、デイジー・リドリーさんへのインタビューが決まった日に報告したら、大騒ぎになりました。自分が『スター・ウォーズ』にハマった時は、デイジーさんにお会いできるなんて夢にも思いませんでした。インタビューでは、シリーズを代表する名ゼリフも目の前で披露していただき、その時のことを思い出しただけで今でも胸がいっぱいになります」とデイジーとの対面にとても感激した様子。

シリーズを今まで見たことがない人は、「沼ハマ」をきっかけに「スター・ウォーズ」の世界へ足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。好きな人はより深く“沼”にハマる可能性が…。最新作公開中という絶好のタイミングでの「沼ハマ」をぜひご覧ください! フォースと共にあらんことを!!

【番組情報】


「沼にハマってきいてみた」
NHK Eテレ
12月24日 午後6:55~7:25

NHK担当 M・M