雨の中、花火7500発 べっぷクリスマスファンタジア【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

花火を楽しむ来場者=22日、別府市

 「べっぷクリスマスファンタジア2019」(大分合同新聞社共催)の最終日が22日夜、別府市のスパビーチであった。雨の中、約7500発の花火が打ち上げられ、家族連れやカップルらが楽しんだ。

 テーマは「恋人たちのクリスマス」。クリスマスソングに合わせてハート形や、赤、緑など鮮やかな色の花火が夜空を彩った。

 特設ステージでは若者に人気のアーティストが歌や踊りを披露。アジア料理など多彩な屋台も並んだ。