さよならJR佐貫駅、さよなら間違い!?

©株式会社千葉日報社

駅構内には「ご注意! 当駅は、マザー牧場の最寄駅ではありません」という張り紙が

2020年3月14日、JRのダイヤ改正に伴い常磐線に新しい名称の駅が誕生します。龍ケ崎市駅です。といっても茨城県の駅ですが…。茨城県龍ケ崎市にある佐貫駅を改称します。2020年内の改称は決まっていましたが、このほど日時が確定しました。(ちばとぴ!鉄道部)

この佐貫駅ですが、千葉県の人気観光スポット、マザー牧場の最寄り駅であるJR内房線佐貫町駅と名称が似ており、駅構内には「ご注意! 当駅は、マザー牧場の最寄駅ではありません」という張り紙があります。

駅員さんに尋ねると「まれに間違って訪れる人がいる」とのこと。マザー牧場の公式ウェブサイトの交通アクセス情報にも注意書きがあるほどです。インターネットや携帯のアプリで経路検索をする際、誤って選択してしまうことが原因のようです。地図を見ずに調べられるという、ネット検索の弊害ともいえるかもしれません。この改称により間違って来てしまう人がいなくなるといいですね。

龍ケ崎市によると、佐貫駅は1900年に開業。当時は馴柴村佐貫にありました。その後、馴柴村は周辺の町村と合併し、龍ケ崎市が誕生。佐貫駅も龍ケ崎市内になりました。常磐線で龍ケ崎市内にある唯一の駅で、改称の目的は市の認知度向上と活性化だそうです。

常磐線を利用する千葉県民の皆さん、乗り過ごした際は混乱しないよう、ご注意ください。また、マザー牧場があるのは千葉県の房総半島にある富津市です。常磐線沿線ではありません。

県のマスコットキャラクターのチーバくんでいうと〝おなか〟の下あたりになります。その辺を留意して千葉に遊びに来てください。

JR常磐線佐貫駅が龍ケ崎市駅に改名