「きのう何食べた?」シロさん憧れの女優役に宮沢りえ!「笑いの絶えない現場でした」

©株式会社東京ニュース通信社

西島秀俊と内野聖陽がダブル主演を務める、テレビ東京系で2020年1月1日放送の「きのう何食べた? 正月スペシャル 2020」(午後10:00)で、シロさん(西島)の青春時代からの憧れの女優・三谷まみ役に宮沢りえが決定した。宮沢のテレビドラマ出演は約3 年ぶりとなる。

同作は料理上手で几帳面、倹約家の弁護士・筧史朗(西島秀俊)と、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(内野聖陽)の同棲生活を日々の食卓を通して描いた連続ドラマ「きのう何食べた?」の正月スペシャル。宮沢演じる三谷まみが登場するのは3章立ての物語の第1章で、シロさん(西島)、ケンジ(内野)、小日向大策(山本耕史)、井上航(磯村勇斗)の4人が食事をしているところへ颯爽と登場する。宮沢は、「すごく話題になっていたドラマですし、料理がすごく好きなので、原作を読んでぜひやりたいなと思いました。やはり魅力的な役柄のお二人とお芝居してみたいですし、オファーをいただいてうれしかったです」とオファーを快諾。

さらに、撮影については「笑いの絶えない現場でした」とにこやかに答え、「お芝居自体も皆さんアイデアが豊富で面白かったですけど、皆さん本番以外のフリートークのレベルが高いので(笑)。メークさんが大変なくらい笑っていました。西島さんとはお芝居で本格的に共演するのは初めてだったんですけど、とても自然なお芝居で初めてのような感じはしませんでしたし、内野さんと山本さんとは舞台ですごく大変な時にご一緒したことがあったので、その時の昔話をしたりして、終始和やかな雰囲気でした」とリラックスして臨んだことを明かした。

そして、「お正月にふさわしい、心がとっても温まるドラマです。もう一度1話から見られるチャンスもあるみたいですので、ぜひそれをご覧になって振り返っていただいて、温まったところでスペシャルを見ていただけるとより楽しめると思います」とアピールした。