Snow Man佐久間らの女装に横山裕も興奮! ラウールは女装に自信も滝沢副社長が却下

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビで12月25日放送の「7G ~SEVENTH GENERATION~」(深夜0:25、関東ローカル)でジャニーズ事務所の注目の若手Snow Manが、女装ミスコン企画「GIRLYで頑張る!ミス7Gは俺だ!」でハイレベルな女装を披露する。

同番組はSnow Manが四千頭身、さや香、さすらいラビーといった人気芸人たちを相手に、“第7世代”の真のスターを目指しガチ勝負するバラエティー。幅15センチの特設ステージで体に向かってバレーボールを打ち込まれる中パフォーマンスをしたり、鼻毛や脇毛にワックスを塗りお互いに引っ張りあう“ブラジリアン綱引き”に挑んだりと、ジャニーズ史上最も過酷と言っても過言ではないロケにチャレンジ。また「GIRLYで頑張る!ミス7Gは俺だ!」企画ではメンバーが女装に挑戦、関ジャニ∞の横山裕が審査をする。

それぞれの女装姿とともにこだわりのテーマも明かされ、佐久間大介(Snow Man)は、“デートの待ち合わせ風な新垣結衣”、石橋遼大(四千等身)は“ランチに行く丸の内OL的な杏”、目黒蓮(Snow Man)は“夜のお姉さん風な橋本マナミ”、宇野慎太郎(さすらいラビー)は“ちょっと妹キャラ的な滝沢カレン”、阿部亮平(Snow Man)は“友達の結婚式の2次会に来た風な桐谷美玲”を意識しているという。

一方、今回女装をしなかったSnow Manのラウールだが、本当は女装に自信があったそうで、「僕は顔が中性的だねって言われるんですよ」とにっこり。しかしMCの西野亮廣から、この企画の打ち合わせをした際にジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長から「ラウールを女性にしたら○○だからやめた方がいい」と却下されたことを明かされ、ショックを受ける場面も。

そんな中、女装で登場した5人のあまりにも高いクオリティーに、西野をはじめ7Gメンバーは「こういう子、いるいる!」「いけますね!!」と歓喜。審査をする横山も、「思っていた以上にクオリティーが高い!」と興奮。“もしも横山を口説くならどんなシチュエーションで?”と横山本人からリクエストされた5人は体当たりで実践。横山も「いいよ! いいよ! 悪くないよ!」とノリノリ。横山から「めっちゃかわいくないですか!」とベタ褒めされ、ティアラをつけてもらったクイーンは一体誰なのか!?