時速330キロで“糸”が飛ぶ!【動画あり】

©テレビ愛知 株式会社

豊田佐吉の発明「G型自動織機」が世界をあっと驚かせてから1世紀。

自動織機は恐るべき進化を遂げていた。

愛知県刈谷市にある「豊田自動織機」で、最新の自動織機を動かしてもらうと、みるみるうちに布ができていく。目にも止まらぬ速さである。そもそも、布はどうやって織るのか? 

昔の人力の織機で仕組みを見てみる。まず「たて糸」が上下に開く。まるで大きく口を開けたようなその空間に「よこ糸」を通す。よこ糸は、舟のような形をした“シャトル”という道具を使って飛ばす。よこ糸を通したら手前にトントンと引き込み、たて糸とよこ糸を隙間なくくっつけていく。これを繰り返すことで糸が組み合わさり布になる。

最新の自動織機はこのよこ糸を飛ばすスピードがもの凄い。なんと時速330キロ。スーパースローカメラで見てみると、細い糸がよれることなく一直線に飛んでいた。ここでクエスチョン。糸は何の力で飛び出すのか?

 答えは空気の力。

このマシンは「エアジェット織機」という自動織機で、豊田自動織機が世界トップシェアを誇る。Yシャツ1枚分を織るのに、かつてのG型自動織機は3時間近くかかっていたが、今やたったの4分半。あなたが来ているTシャツももしかしたら愛知生まれの自動織機で織られたものかも。

                          【工場fan編集局】