限定運行 ど派手な路面電車

©株式会社長崎新聞社

 長崎市内を最近、ど派手な路面電車が走行している。白や黄色の電球をきらめかせ、まるでショーが始まるかのような雰囲気。その正体とは-。
 路面電車を運行する長崎電気軌道(長崎市)などが来春導入する共通ICカード乗車券「nagasaki nimoca(ナガサキニモカ)」をPRする花電車。側面にはニモカのキャラクターなどを大きくあしらった。
 月に10日間前後、午後6時10分から2時間限定で運行。PR電車のため、乗客はいないが「擦れ違う車からも視線はしっかり感じている」。電車の運転士も“走る広告塔”の効果に手応え。