崖地ににょっきりツメレンゲ 和歌山県南部

©株式会社紀伊民報

崖地で小さな白い花を咲かせるツメレンゲ(和歌山県紀南地方の山中で)

 和歌山県紀南地方の崖地で、絶滅が心配されている多肉植物ツメレンゲ(ベンケイソウ科)が、白い小さな花を咲かせている。

 ツメレンゲは、日当たりが良く、乾燥した岩場などに生える多年草。高さ15センチ前後の花茎を塔状に伸ばし、小さな花が密集して咲く。葉の先端が動物の爪のように細長くとがり、ロゼット状に広がる全体が仏像の蓮華(れんげ)座に似ていることから、この和名が付いたという。

 県のレッドデータブックで絶滅危惧2類に分類され、環境省では準絶滅危惧となっている。