中国、2020年末までに全土の地級市で5Gネットワークを整備へ

©株式会社BCN

中国の工業や情報に関する方針を決める全国工業情報化工作会議が12月23日、中国北京市で開催され、2020年末までに、中国全土の地級市(地方の行政単位)で第5世代移動通信システム(5G)網の整備を目指すことが確認された。

中国メディアによると、会議では、20年は遠隔地の通信網整備に重点を置き、通信速度の高速化と料金の引き下げを引き続き実施することが決まった。IPv6ネットワークの品質とサービスの改善も継続する。

中国は、5Gネットワークの整備に力を入れており、19年末までに12万6000カ所に基地局を開設する見通し。5Gの商用サービスとともに、4K/8KやVR/ARなどの新技術の応用やハイエンドの情報サービスの供給を増やすとしている。