山田裕貴主演の学園サイコ・ラブコメに富田望生、横田真悠、山下リオら出演!

©株式会社東京ニュース通信社

山田裕貴が主演を務めるMBSほかで2020年1月23日より放送の連続ドラマ「ホームルーム」(木曜深夜0:59)の追加キャストが解禁された。

同作は、千代氏による同名学園サイコ・ラブコメ漫画を実写ドラマ化したもので、生徒へのゆがんだ愛ゆえに、予測不能な奇行が次々と飛び出す戦慄(せんりつ)の学園物語。女子生徒からダントツの人気で「ラブリン」の愛称で親しまれているイケメン教師の愛田凛太郎(山田)だが、担任するクラスの桜井幸子(秋田汐梨)が好きすぎるあまり、幸子を自分でイジメて自分で救う、自作自演の救出劇を繰り返し、彼女のヒーローを装うサイコ・ラブストーリーが描かれる。

今回出演が発表されたのは富田望生、横田真悠、大幡しえり、若林拓也、前野朋哉、山下リオの6人。ヒロイン幸子の幼なじみで親友の丸山のぶ代役を富田、学校の不良グループのメンバーで、ある事件を起こして謹慎処分を受けた問題児・夏目ゆあ役を横田、規律に厳しく「鉄の女」と呼ばれる生徒会長・白鳥奈々役を大幡、成績は優秀だが、不良グループのリーダー的存在の竹ノ内忠役を若林、学園に因縁をもつ男・森信一郎役を前野朋哉が務める。そして愛田先生の気を引こうと色仕掛けを繰り返す保健室先生・椎名恵役を山下が演じる。

イジメにあう幸子を守ろうとする通称「マル」を演じる富田は「それぞれの抱く、ひそかで強い相手への感情によって、思ってもいなかった方向へ右往左往していくさまが、なんともスパイスの強すぎる人間らしい姿で、この物語の中で息をしていると思うと、とても興奮します」とストーリーの面白さを強調し、「“幸子”という存在、“親友”という関係に傷をつけないよう、繊細にマルを生きられたらと思います」と抱負を語る。

横田は「初めて原作の漫画を手にした時、奇想天外すぎるストーリーに読み出したら止まらなくなり、作家の千代さんの頭はどうなっているのだろうと思いました(笑)。また、ゆあは私と違って内股なので、そこにも気をつけて役作りをしています(笑)」とコメントし、前野は「学園内に恋愛、偏愛、変態、渦巻いています…愛が! 小林勇貴監督と山田裕貴さん、Wユウキが共闘するラブストーリー。今から楽しみ過ぎます。僕も役を通して2人に負けないくらい『愛』を届けたいです」と意欲満々。

山下は「まさかこの漫画がドラマになるなんて! かなり驚きましたが、撮影が始まる前から製作陣の気合と気迫を感じ、私も全てを吹っ切ってやらなければ!!と、髪の毛も30㎝切って、原作の椎名先生に見た目から近づけました」と役柄に奮起。そして「椎名先生は、女性に嫌われそうな女性ではありますが(笑)、女の武器をフル装備して、愛田先生に愛を振りかざしながら向かっていく姿は、まさに戦士! 愛は、純粋そのものです」と愛すべきキャラクターであることを説明している。

またエンディング主題歌は、結成10周年を迎える4人組バンドのパスピエの書き下ろし楽曲「まだら」に決定した。キーボードの成田ハネダは「原作や台本を読んで、一見すると狂気ともとれる登場人物の行動、でもゆっくりひも解いていくと、そこにはストレートすぎる純粋な感情が招いた故であったり、という物語の二面性が入り混じる様相を感じまして、その雰囲気を楽曲で表現してみました」と楽曲制作について語り、「ドラマと共に、楽曲も楽しんでいただけたらうれしいです」とメッセージを寄せた。