竹野内豊が「ぎぼむす」SPに謎の男役で登場「愛されるキャラクターになれば」

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で2020年1月2日放送の綾瀬はるか主演ドラマ「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」(午後9:00)の制作発表が行われ、綾瀬、竹野内豊、佐藤健、上白石萌歌、井之脇海が出席。お正月の放送に合わせて着物姿で登場したキャストは、餅つきにも挑戦しお正月気分を盛り上げた。

同作は、桜沢鈴氏による同名4コマ漫画を原作に、2018年7月クールに放送。主人公のキャリアウーマン・亜希子が8歳の娘を持つ男性と結婚し、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす10年間の日々を描いたもの。スペシャル版は連続ドラマの1年後をオリジナルストーリーで描く。

主人公・宮本亜希子役の綾瀬は「私自身も大好きなドラマだったので、また帰ってくることができて、それは視聴者の皆さんが愛してくださった作品だからだなと、とてもうれしく思っています。楽しみにしていてください」と笑顔でコメント。さらに「亜希子さんは生真面目で愛情深く、優しさと強さを持ち合わせているのが魅力。(亜希子として)1年ぶりにスーツを着て、ハイヒールでツカツカと歩くシーンを撮った時に動作が機敏で、普段わりとゆったり歩いている自分からすると、緊張感がありましたね。亜希子さんはカチッとキッチリとしているので、頭の先から足の先までいつも緊張感がありました」と撮影を振り返った。

亜希子に思いを寄せる麦田章を演じる佐藤は「またこのチームが集結できたことをうれしく思います。(連続ドラマの)最終回では亜希子さんに見事にふられて報われなかったですが、今回のスペシャルではどうなるのか注目していただければと思います」と期待をあおり、キャラクターの魅力については「愛すべきバカなところですね。見ていて元気になるし、憎めない。そしてそのキャラクターはスペシャルでも変わっていませんでした」と語った。

そして亜希子の娘・みゆき役の上白石は「私にとって大切で大好きな作品なので、新たなものを作れることをとてもうれしく思いました。今回の撮影では、撮影の合間に綾瀬さんとたくさんお話しさせていただいて、亜希子さんとみゆきに連ドラの時以上に強い絆が生まれたという実感があって。私自身と綾瀬さんの距離も近くなれた気がしてうれしいです」と笑顔を見せ、「小さな奇跡がたくさん連鎖して、大きな愛を紡いでいくすてきな作品になっています」と見どころを伝えた。また、みゆきの幼なじみ・黒田大樹役の井之脇は「みゆきに助言しつつも、最終的にはみゆきの意見を尊重して一緒に考えることができるのが大樹の魅力。今回は連ドラにはなかった重要な役割を担っていますので期待してください」と自身の役柄をアピールした。

そして、みゆきの父で亜希子の亡き夫・良一役の竹野内はナレーションと謎の男役で出演。「天国から見た亜希子さんとみゆきは、本当の親子になっているなと思いました。そして謎のベールに包まれた原作にはない役で登場するのですが、みんなとどういう距離感でいたらいいのかなとちょっと不思議な経験でした」と撮影を振り返り、「放送後に視聴者の皆さんがどう思ってくださるのか楽しみですし、受け入れていただいて愛されるキャラクターになればいいなと思います」と訴えた。

スペシャルでは赤ちゃんが主軸となるストーリーが展開されるが、佐藤は撮影に苦労したそうで「窮地に立たされました。あやすのは難しいですよね。麦田が赤ちゃんをあやして心から笑うシーンがあったんですが、泣き止まないんですよ。でも綾瀬さんには最初からわりとなついていて、何が違うんだろうって、現場では毎日へこんでいました」と苦笑。しかしそこである発見があったそうで、「現場で試行錯誤をしていたんですが、YouTubeで反町(隆史)さんの『POISON』を流すとたちまち泣き止むということが分かりました。間違いないです。本番中ずっと『POISON』流しっぱなしでした」と明かし、綾瀬も現場で印象的だったのは「POISONですね」と笑った。佐藤は「BGMを流しながら芝居をする経験は初めてだったので、むしろいいなって思ったりしました。音楽を流しながら芝居をすると、いつもよりグッとテンションが上がったりして、いろんな発見がありました」と意外な効果を話した。

2020年のスタートを目前にして、個人的にやってみたいことを聞かれると、綾瀬は「世界を見てみたいですね。旅行でいろいろ回ってみたいです。そして元気でポジティブに、丁寧に生活できたらいいなと思います」と語り、佐藤は東京オリンピックを意識し「あまり生で見たことがないので、2020年はスポーツ観戦を生でしてみたいですね。まだチケットはないんですが、どなたかお願いします(笑)」とアピール。続く上白石も「オリンピックの何かにかかわることができたらいいな」とほほ笑んだ。そして井之脇が「今年は厄年だったので新しいチャレンジはあまりしなかったのですが、来年は新しいことをしたいです。僕は山登りが好きなんですが、富士山のご来光を見たことがなくて、来年は見に行きたいです」と話すと、竹野内も「僕も登山に興味があります。自然と触れ合う時間を多くとれたらいいなと思っています」と目標を話した。

そして最後に綾瀬が「1年の始まりに楽しめる本当に愛にあふれた作品です。日々の何げない日常の中から小さな幸せをたくさん見つけられるドラマで、きっと皆さんに元気や勇気を与えられる、そういうお役に立てたらいいなと。お茶の間で笑いながら、そしてたまにほろっとしながら、見ていただきたいなと思います」と視聴者に呼びかけた。