嵯峨嵐山のD51、解体へ 屋外展示で老朽化、29日見納め 京都のトロッコ駅前

©株式会社京都新聞社

1月から解体されるD51形蒸気機関車(京都市右京区・トロッコ嵯峨駅前)

 京都市右京区のトロッコ嵯峨駅前に展示されているD51形蒸気機関車が、老朽化により1月から解体される。展示は年内のトロッコ運行日のみで、29日が見納めとなる。

 展示されているD51形は1937年製。東海道線や山陽線などで活躍し、71年に引退した。その後は大阪府枚方市の「くずはモール」で展示され、2004年に現在の場所に移された。

 同駅前ではクリスマスに合わせて電飾されるなど、観光客や地元の人に親しまれてきたが、屋外展示のため風雨の影響で傷みが目立つようになっていた。

 トロッコは25日は運休で年内の運行日は26~29日。30日から来年2月末までの冬季運休期間に解体する。