打越氏、体調不良で年明けまで療養 通常国会は出席へ

©株式会社新潟日報社

 立憲民主党の打越さく良参院議員(新潟選挙区)が体調不良で自宅療養していることが24日、分かった。同党の福山哲郎幹事長が定例会見で明らかにした。

 福山氏によると、臨時国会中の11月25日に軽い脳出血で入院し、今月21日に退院した。後遺症などはなく、既に回復している。年明けまで療養し、通常国会には登院する予定だ。

 福山氏は「年末年始の行事に参加しないと地元も心配する。退院したこともあり、明らかにした」と説明。「入院中に面会したが元気な様子だった」と語った。

 打越氏は福山氏に「迷惑を掛けて申し訳ない。体力を戻して通常国会には健康体で臨みたい」と話したという。