「どの方法も風評避けられない」

原発処理水放出で東電福島代表

©一般社団法人共同通信社

 東京電力福島第1原発事故の復興支援に携わる同社福島本社の大倉誠代表が25日、共同通信のインタビューに応じ、第1原発で増え続ける処理水について「残念ながらどの処分方法を選んでも一定の風評は避けられない。復興のブレーキや足かせにならないよう、東電ができる対策を関係者と相談して検討したい」と述べた。

 東電は第1原発で発生する汚染水を浄化処理しているが、放射性物質トリチウムは除去できず保管を続けている。処理水の処分方法などを議論する政府小委員会は23日、国内外で処分実績のある海洋と大気への放出を軸に3通りの方法を提示した。