News and Info(2)

©株式会社VOTE FOR

■新卒3年・6年目に奨励金を交付・新卒者雇用支援奨励金
市では市内事業所に勤務して3年・6年を経過した新卒者に奨励金を交付しています。
10月28日、今年度の交付対象となる、事業所に遠藤市長らが訪問し、奨励金を贈呈しました。
奨励金を受け取った、市内食品工場で働くK.Kさんは「安心・安全な製品をつくるために日々作業している。奨励金をいただき、頑張ってきて良かったと思いました。今後も会社・地域に貢献できるよう努力していきたい」と意気込みました。
本年度の奨励金の対象者は3年定着が26人(22事業所)、6年定着が26人(14事業所)。
平成27年度から新卒者本人への交付に変更し、新卒から3年経過時に10万円を交付しています。
平成30年度からは対象を拡大し、6年経過時にも5万円を交付。
新卒者の定住をより一層促進しています。

■優れた技術に表彰状・岩手県卓越技能者表彰
岩手モリヤ株式会社に勤務するR.S生産技術アドバイザーが、岩手県卓越技能者として表彰されました。
県内で極めて優れた技能を持ち、他の技能者の模範と認められる人を表彰するもので、市内では14年ぶりの受賞となりました。
Sさんは、日本が誇る繊維産業で匠の技術を磨いた人など50人が選ばれる「Jクオリティー・アワード2019ものづくりの達人たち」にも選出。
その中から15人が選ばれる大賞を受賞しました。
11月5日、森奥信孝代表取締役社長とSさんが市役所を訪れ、市長に受賞を報告。
森奥社長は「前身のモリヤ洋装が、久慈工場を開設した昭和49年に1期生として入社以来、今もずっと頑張ってもらっている。会社の技術が高いと評価を受けるのは、彼女がいてくれたから」と紹介。
Sさんは「コツコツとやってきたことが認められてうれしい。久慈は縫製の町。地元の人にも知ってほしい。今後は若者たちに、縫製の魅力を伝えていきたいです」と技術の継承に力を込めました。

■八戸★トピックス/はっちのクリスマス2019
はっちとマチニワにクリスマスシーズンが到来。
両施設がイルミネーションや色とりどりの飾り付けをして盛り上げます。
今年は、マチニワでクリスマスマーケットを開催。
クリスマスグッズやフードの販売、子どもたちによる合唱・合奏のステージもあります。
ぜひ温かくしてお越しください。

◆イルミネーション展示
期間:12月1日(日)~25日(水)
場所:はっち外壁、マチニワ

◆クリスマスマーケットinマチニワ2019
日時:12月21日(土)、22日(日) 11時~16時

■アサヒグループ・コミュニティ助成
アサヒグループホールディングス株式会社が「小国自治会」「小袖漁ぎょろううた撈唄保存会」に助成金を贈呈しました。
この事業は同社がCSR活動の一環として、東日本大震災の被災市町村で郷土芸能の保存・発展活動を行う団体に助成しているものです。
10月31日に市役所で開かれた贈呈式では、アサヒビール株式会社東北統括本部の佐々木淳也課長から、助成団体に目録が手渡されました。
小国自治会の二橋修会長は「今回も無事内間木洞まつりを開催できた。会員は減っているが、文化継承のため工夫しながら続けていきたい。」と活動の継続を誓いました。