知人を殺害した容疑で逮捕の男性、不起訴に 地検支部

©株式会社神奈川新聞社

階段踊り場で顔から血を流した男性が発見された雑居ビルを捜査する捜査員ら=9月12日午後、川崎市川崎区砂子2丁目

 川崎市川崎区の雑居ビルで9月、男性が倒れているのが見つかり、その後死亡した事件で、横浜地検川崎支部は25日までに、殺人の疑いで逮捕された知人の飲食店従業員の男性(48)=東京都江東区=を不起訴処分とした。24日付。

 事件は同区砂子2丁目の雑居ビルで発生。9月12日昼ごろ、男性が顔から血を流して倒れているのをビル関係者が見つけて110番通報した。男性の死因は、顔面骨折に基づく血液吸引による窒息死だった。

 死亡を伝えるニュースを見た飲食店従業員の男性は同日夜、川崎署に自首した。男性を押し倒して頭を複数回踏みつけるなどの暴行を加えて殺害したとして、13日に逮捕された。