立川志の輔さん、田知本遥さんらランナーに 聖火リレー富山県分18人追加

©株式会社北國新聞社

 来年6月3、4日に富山県内で実施される東京五輪の聖火リレーで、県実行委は25日、県内を走るランナーに落語家立川志の輔さん(65)=射水市出身=や、2016年リオ五輪女子柔道70キロ級金メダリストの田知本遥さん(29)=同=ら男女18人と1グループを追加選出したと発表した。

 04年アテネ五輪で女子ホッケー日本代表の坪内(旧姓石田)利佳さん(38)=小矢部市、18年平昌五輪でノルディックスキー複合に出場した山元豪選手(24)=富山市、グループランナーで県内のプロスポーツ3球団(富山グラウジーズ、富山GRNサンダーバーズ、カターレ富山)が選ばれ、各3人が走る。県選出ランナーは計43人と1グループとなった。

 志の輔さんは「故郷を聖火とともに走れる喜びと興奮を胸に、人生最高の走りをお見せします」と意気込んだ。田知本さんは「大変光栄です。この機会に富山の魅力を知っていただければと思います」と話した。