女性遺体、民家の庭に…身元判明 凍死の可能性 買い物に行った母親「帰ってこない」と息子が届け出/県警

©株式会社埼玉新聞社

新座署=新座市野火止

 埼玉県新座市東北の民家の庭で女性が死亡していた事件で、身元は志木市の無職女性(81)で、死因は低体温症とみられることが25日、新座署の調べで分かった。遺体に外傷はなく、着衣の乱れもないことなどから、同署は凍死の可能性が高いとみて調べている。

 同署によると、女性は21日午前11時ごろ、「スーパーに行く」と言って歩いて出掛けたまま行方が分からなくなり、23日午前10時半ごろ、民家の庭であおむけに倒れているのを近所の男性が発見、110番した。

 同日午後8時45分ごろ、女性と同居する息子(59)から「母親が帰ってこない」と朝霞署に届け出があり、身元が確認された。