両陛下、台風被災地入り

即位後初、宮城と福島

©一般社団法人共同通信社

台風19号の被災地訪問のため、仙台空港に到着された天皇、皇后両陛下=26日午前

 天皇、皇后両陛下は26日、10月の台風19号などで被災した宮城県と福島県を日帰りで訪れるため、羽田空港から特別機で仙台空港に到着し、陸上自衛隊のヘリコプターに乗り換えて宮城県丸森町に入られた。被災者を見舞った後、福島県本宮市も訪れる。天皇陛下の即位後、両陛下の被災地訪問は初めて。

 丸森町では、川が氾濫し、家が土砂にのみ込まれた状況などを視察後、被災者と懇談する。その後ヘリで本宮市に移り、同様に川の氾濫現場を視察し、被災者と面会。ヘリで福島空港へ飛び、特別機で夜に帰京する。