【プレミアリーグ】“ビッグ6”に連勝も最下位に完敗…リンガードがチームの現状を危惧「一貫したメンタリティで臨まないと…」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガードは、ワトフォード戦で敗れた後、チームの現状について言及した。

【プレミアリーグ】ベルバトフが明かす、ファーガソンが年末に勝ち続けたワケ…「毎年必ずクリスマスディナーが提供された」

リーグ戦でトッテナム・ホットスパーやマンチェスター・シティを下したユナイテッドは、直近のプレミアリーグ第18節で最下位ワトフォードに0-2と完敗。“ビッグ6”相手に勝利を収めたにも拘らず格下に勝ち点を取りこぼした現状に関して、リンガードはイギリス紙『DailyMail』でコメントした。

【プレミアリーグ】連勝でCL圏内を維持したいチェルシー ボクシングデイ最強のユナイテッドは連敗阻止なるか ~第19節プレビュー~

「考え方の問題だ。多分僕たちは、試合前からすでに勝った気でいたんだ。シティやトッテナム戦のような一貫性とメンタリティを維持しなければ試合に勝てないのにね。だから順位が下の相手と戦うときは、シティやトッテナム戦のような意識を持たないと。さもないとまた問題を引き起こしてしまう」。

リンガードがチームの現状を危惧