乃木坂46メンバー10人が主演! オリジナルドラマ「乃木坂シネマズ」配信

©株式会社東京ニュース通信社

動画配信サービス・FODで12月25日から配信を開始した、齋藤飛鳥、秋元真夏、松村沙友理、山下美月、北野日奈子、堀未央奈、与田祐希、生田絵梨花、久保史緒里、白石麻衣ら10人の乃木坂46メンバーが主演を務めるオムニバスドラマ「乃木坂シネマズ~ STORY of 46~」(水曜深夜0:00配信)の制作発表が行われ、松村、北野、堀、与田、久保が出席した。

同作はアクションやSF、恋愛ものなどさまざまなジャンルに、10人の乃木坂メンバーそれぞれが主演するオリジナルドラマで、2020年1月8日に配信開始する第3話「超魔空騎士アルカディアス」に主演する松村は「昔からアニメが大好きで、2次元の世界に憧れていたので、それが現実になった感じ。台本が送られてきて内容を見て感動しました」とうれしそうに話した。

そして、それぞれが今年1年を振り返り、久保は「私は元々お芝居をすることがずっと夢だったので、今年はお芝居をする機会にすごく恵まれていたので、来年に向けてさらにやりたいと思ったので、自分にとって実りのある年になりました」と充実した表情。与田は「10代最後の年というのがあまり実感がなくて、大人っぽくなりたいという目標は今のところ達成できていないので、来年に持ち越します。10代最後の1年は振り返ってみて大変なこともあったけれど、すごく楽しかったです」と実感。松村は「坂道シリーズも成長したなと思えた1年だったので、グループとしても個人としてもそれぞれ自分の場所が見つけられた年でした」と総括した。