パルコを完全子会社化へ

Jフロント、店舗開発推進

©一般社団法人共同通信社

 大丸や松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは26日、傘下のパルコに対して株式公開買い付け(TOB)を実施し、完全子会社化すると発表した。大規模複合施設など店舗の共同開発を推進する考えだ。J・フロントの山本良一社長らが同日夕、東京都内で記者会見し、詳細を説明する。

 J・フロントは2012年にパルコを子会社化しており、現在の出資比率は64.98%。今月27日から20年2月17日までの期間に1株当たり1850円で買い付け、約658億円で全株の取得を目指す。

 第2位株主のイオンはTOBに賛同しているという。パルコは完全子会社化に伴い、上場廃止となる。