瑛太が新春ドラマ「あしたの家族」から永山瑛太に改名「令和の節目の年に本名で」

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で2020年1月5日放送の宮﨑あおい、瑛太、松坂慶子、松重豊が出演する新春ドラマ特別企画「あしたの家族」(午後9:00)。本作で兵頭幸太郎役を演じる瑛太が、1月5日放送の本作から、本名の永山瑛太に改名することが、本人のホームページで発表された。改名については以前から考えていたという瑛太は「俳優としてまだまだ未熟者ですが、令和になったという節目の年に本名でやっていきたいという思いに至りました。これからも、俳優として表現者として日々を精進してまいります」と前進を誓っている。

ドラマは「渡る世間は鬼ばかり」の石井ふく子氏がプロデューサーを務め、新年にふさわしい、あしたに希望を感じられる家族の物語を描く。瑛太は、恋人・小野寺理紗(宮崎)の父親・俊作(松重)が元上司で現在は部下という微妙な立場にあり、昇進が早く仕事もできる好青年を演じている。瑛太にとって、新たな名前で初出演する節目の作品となる本作。さらなる飛躍を決意する永山瑛太の演技にも注目だ。

また、本作の30秒の予告動画を番組の公式ホームページで配信しており、見どころシーンがテーマ曲に添って流れる情緒たっぷりの動画となっている。