「やわらかい皮膚」を狙われる少女たち…北朝鮮「現代の奴隷」の実態

©デイリーNKジャパン

今年5月31日、オーストラリアの人権団体「ウォーク・フリー・ファンデーション(WFF)」は報告書「2018世界の奴隷指数(Global Slavery Index)」を発表した。同報告書によると、北朝鮮の「現代の奴隷」は世界最悪レベルだという。

「現代の奴隷」とは、生まれながらにして奴隷状態にあったり、また性的労働の為に人身売買されたりした人々のことを言う。

報告書によると、アジア太平洋地域の現代版奴隷が最も多いとされる。中でも最多はインドで、全人口13億人のうち1,840万人が現代版奴隷生活をしていた。そして、北朝鮮は260万人と人口(2,500万人)あたりの比率が最も高かった。

北朝鮮における奴隷労働の代表的な例が、政治犯収容所における強制労働だ。現在、政治犯収容所にはおおよそ20万人の政治犯が収容されていると見られており、彼らは、過酷な労働を強いられている。これに加えて、教化所(刑務所)や労働鍛錬隊(強制労働キャンプ)などの拘留施設、そして炭鉱や農場での強制労働を合わせれば、相当な数の人々が「現代の奴隷」の範疇に収まるだろう。

これらの収容施設に囚われていなくても、北朝鮮の人々は一年中、なんらかの国家事業や奉仕活動に強制的に動員されている。愛国や国家への忠誠を建前にして、国民を安価な労働力扱いしているわけだが、労働環境は劣悪で過去には悲惨な事故が多発している。

こうした奉仕活動に動員されるは成人だけではない。最近では、主要な外貨稼ぎ機関のひとつである大聖総局傘下の貿易会社が、10代の少女たちの「やわらかい皮膚」に目を付け、あちこちで盛んに雇い入れているという話しもある。


また、平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK情報筋によると、道内の高級中学1~2年生(14~15歳)の生徒の大半が、両江道(リャンガンド)、咸鏡道(ハムギョンド)の大規模なアヘン農場に動員されたと伝えた。彼らは、農場で朝鮮労働党と教師の指示に従ってアヘンのエキスを取ったり、アヘンの花を乾燥させて粉末にしたりする作業に従事させられている。

アヘン栽培そのものも大問題だが、さらなる問題はそこに、多くの子どもたちが動員されていることだ。北朝鮮は憲法で、労働可能年齢を16歳としているが、国家が自らがそれを破っている形となるのだ。