米、全ドローン飛行追跡の規制案

発信義務付け、FAAがテロ対策

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米連邦航空局(FAA)は26日、米国の領空を飛行するFAA登録の全てのドローンを対象に、飛行位置と識別情報の発信を義務付ける規制案を発表した。次世代の輸送手段としても注目を集めるドローンは、FAAに150万機近くが登録。一方でテロに使われる危険性も指摘され、対策を求める声が出ていた。

 FAAは「空の安全と安全保障を強化するため」としている。今後意見公募を経て最終決定。新たな規制には、実施後3年以内に対応する必要がある。遊び目的以外の重さ約250グラム以上のドローンが対象となるという。