霜月めあ[インタビュー&アザーカット]ギャル感満載の蛍光色水着で魅せる!「自分でもギャルを意識するようになりました」

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

(C)佐賀章広/ヤングドラゴンエイジ

霜月めあが、記念すべきリニューアル第1号となった12月26日発売の『ヤングドラゴンエイジ』(KADOKAWA)の裏表紙に登場した。本記事では、霜月が、同誌初出演への想いや撮影時に意識したこと、また先日大きな話題となった“絶対領域”写真、今後の目標について語ったインタビューをお届けする。

【画像はこちら】

――『ヤングドラゴンエイジ』初出演の感想をお願いします。

霜月めあ:

まずは、『ヤングドラゴンエイジ』創刊おめでとうございます! 記念すべきvol.1の裏表紙と巻中に登場させてもらえて本当に嬉しい限りです。しかも16ページと大ボリューム! こんなにたっぷり載せてもらう雑誌は今までで初めてなので、私にとっても記念すべき1冊になりました! 知っている作品も連載されてる雑誌なので、すごく嬉しかったです。

――撮影にあたって意識したことはありますか?

霜月めあ:

最近肌を焼いてからネオギャルとしてニュースに取り上げていただくことが増えたので、前日にはしっかり日サロに行って焼いてから撮影に挑みました(笑)。事務所に行かされて日サロ通いになったんですが、最近では自ら行くようになってきましたね……(笑)。ぴたっとしたワンピースや、蛍光色の水着など衣装もギャル感満載で嬉しかったです! 髪色も少し明るくしたりと自分でもギャルを意識するようになりました! 私服も肌見せとかを意識したり(笑)。

――撮影時のオフショット“絶対領域”の写真が話題となっておりますが、いかがですか?

霜月めあ:

マネージャーさんが“これは絶対バズるから撮るわ”って言って絶対領域をパシャパシャ撮り始めて。最初は“本当か!? むしろ顔写ってないし大丈夫かな?”って思いながらもツイートしたら本当に伸びて!(笑) マネージャーさんの信頼度が一気に上がりましたね(笑)。いいねも1.2万以上、RTも1,400を超えて自分でも驚きました。定期的に“絶対領域”写真を上げていきたいと思います!

(C)佐賀章広/ヤングドラゴンエイジ

――今後の目標や挑戦していきたいことを教えてください。

霜月めあ:

最近はゲームのお仕事が増えて、プライベートでもゲームをプレイする時間がほとんどなので、それを機に自分主催のゲームオフ会やイベントとかも開けたらいいななんて思ってます。ゲーム配信もやっていきたいですね! あとはジムにも定期的に通って、身体もだいぶ仕上がってきたので、さらに雑誌撮影などで活躍できるようになりたいです! 2020年は表紙を目指して頑張りますので、みなさんこれからも応援よろしくお願いします!

(C)佐賀章広/ヤングドラゴンエイジ
(C)佐賀章広/ヤングドラゴンエイジ

霜月めあ、フェチ心を撃ち抜く“絶対領域”写真に歓喜の声「幸せ」「in paradise」「色んな夢・ロマンが詰まってる」