「立花登青春手控えスペシャル」4年連続OA!溝端淳平「平祐奈ちゃんが…親心ってこういうものなのかな」

©株式会社東京ニュース通信社

「立花登青春手控えスペシャル」4年連続OA!溝端淳平「平祐奈ちゃんが…親心ってこういうものなのかな」

NHK BSプレミアムでは、2020年1月3日にBS新春時代劇「立花登青春手控えスペシャル」を放送します。16年に放送された第1作が好評で、第2作(17年)、第3作(18年)と続き、満を持してスペシャルドラマで帰ってきます!!

溝端淳平さん演じる若き牢医者の立花登が牢獄で経験を積みながら、そこに出入りする人間たちが巻き起こす事件や人情に触れ、持ち前の正義感と柔術の力で事件を解決。登が人として、医者として、目ざましく成長していく物語です。前作では蘭方医学を学ぶために登が大坂に出向くところで終わり、今回は医者としての腕を上げて江戸に帰ってくるところから始まります。

放送に先立って試写会と記者会見が行われ、溝端さん、平祐奈さん、宮崎美子さん、古谷一行さんが登壇。作品への思いや撮影中のエピソードなどを話していただきました。

第1シリーズから主演を務めている溝端さんは「この場所で会見させていただくのも4回目です。最初の頃カメラアシスタントで物運びとかをしていた方がカメラを回していたり…。シリーズ物でやっていくというのはスタッフさんやキャストの方との再会があり、本当の家族のような気持ちになりました。温かい空気の中、素晴らしい原作の情などを深く描けるように精いっぱい作りました。新春にふさわしい作品になっていると思います!」と、感慨深げに振り返りつつ、今作にも自信をのぞかせていました。

登のいとこ・ちえ役の平さんは「17歳からこの作品に出演させていただき、昨年で最後かなと思っていたのですが、スペシャルでまた帰ってこられてうれしいです」と笑顔で話し、“あるシーン”では憧れていたことが実現できたと喜びをにじませていました。それは一体なんでしょうか!? ぜひ、放送を見て確かめましょう!

古谷さん扮する登の叔父・玄庵の妻である松江を演じる宮崎さんも「私が若い時に“ちえ”を演じてから数十年経ちますが、今は母として娘を嫁がせて…できれば孫も見たいな、という思いが湧いてきております」とにこやかに願望を語り、やはり本当の家族のような気持ちが強くなっている様子。話の途中で宮崎さんが「何やってるんですか!(笑)」と、会場の後方に向かって叫ぶと、そこには出演しているマキタスポーツさんの姿が! こっそり見学に来ていたようですがすぐに見つかり、皆さんの元に呼ばれてコメントを促されていました(笑)。

すると、「記者として来ました!」と話し、早速笑いを取るマキタさん。さらに「次期シリーズは私が主役ということで…」と発言。会場を沸かせながらも「本当に素晴らしく、見応えがある作品に出させていただいて本当にありがたいです。ぜひ、見てください! 素晴らしいキャストの方に囲まれて幸せでした!」と、しっかりとアピール。

そして、古谷さんは開口一番「大変気に入っている役です!」と力強くコメント。第1シリーズが終わった直後からパート2をやろうと、みんなで意気込んでいたそうです。古谷さん演じる玄庵はお酒が大好きな設定ですが、古谷さんは普段はまったく飲まないとのこと。「家族より酒を愛しています、玄庵は(笑)。仕事はほとんど登に任せて何かというと『吉川』という友人のところに逃げて行ってしまう」と、古谷さん自身と真逆の設定を楽しみながら撮影に臨んでいたようです。

この4年間で成長したと感じたことを問われ、平さんが「溝端さんに『17歳の時はもっとキャッキャしてたのに寂しいなー、なんか落ち着いちゃったな』と言われました(笑)」と語れば、すかさず溝端さんは「そうなんですよ! おじさんみたいな気分になって。親心ってこういうものなのかなって」と、成長を喜びながら寂しさもある…という完全な親目線になっていました(笑)。

宮崎さんは「溝端くんは周りにとても気を使う方で。最初の時は、主役だからという思いからか気を張りすぎなんじゃないかと思ったんですけれど…。それが段々と、ゆったりいるんだけれどみんなを引っ張っていく、包容力のある感じが『大人になったな』とそばで見ていて感じました」と絶賛。続けて「祐奈ちゃんは1年ごとに奇麗な女性になっていくのを感じられて、見ていて幸せでした」と親心をのぞかせていました。

古谷さんは「祐奈ちゃんは高校生だったのに、もう大学3年生ですか」と感心し、「淳平くんは舞台もいろいろ出ていて、それを祐奈ちゃんと一緒に見に行ったりしています。それが肥やしになって4年間で大人になっているのを感じますし、またもう一段大人になって一緒に仕事をしたいと思います」と、溝端さん、平さんの成長をうれしそうに語っていました。皆さんが仲のいい、本当の家族のような温かい雰囲気が作品にも色濃く表れていることでしょう。BS新春時代劇「立花登青春手控えスペシャル」、ぜひご覧ください。

【番組情報】


BS新春時代劇「立花登青春手控えスペシャル」
NHK BSプレミアム
2020年1月3日 午後7:30~9:00

NHK担当 Y・T