全国高校ラグビー開会式 「真にワンチームに」高鍋の主将が選手宣誓

©株式会社神戸新聞社

入場行進する報徳学園フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・山口 登)

 ラグビーの第99回全国高校大会は27日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕した。開会式では全51代表校が元気よく行進。選手宣誓では、高鍋(宮崎)の細元亮主将が日本代表の8強入りに沸いたワールドカップ(W杯)に触れ「多様性に満ちた私たちは真にワンチームになるため戦います」と力を込めた。

 2年連続8強入りし、今大会はノーシードからの躍進を期す兵庫代表の報徳も堂々と行進。28日の初戦へ、山田響主将は「いい緊張感。悔いのないようやりきるだけ」と静かに闘志を燃やした。

 東海大仰星時代に全国制覇したW杯日本代表FB山中亮平(神戸製鋼)も登場し、ひのき舞台へ挑む高校生ラガーマンを激励した。第1日は1回戦8試合が予定され、決勝は来年1月7日に行われる。(長江優咲)