立民と国民の幹事長、合流で一致

年明けの党首会談で確認へ

©一般社団法人共同通信社

会談後、取材に応じる立憲民主党の福山幹事長(右)と国民民主党の平野幹事長=27日午前、東京都内のホテル

 立憲民主党の福山哲郎、国民民主党の平野博文両幹事長は27日、東京都内のホテルで約2時間会談し、両党が合流する方向で一致した。年明け早期に枝野幸男、玉木雄一郎両代表による党首会談を開催し、最終合意を図る。会談後、福山、平野両氏がそろって記者団に明らかにした。

 福山氏は「一つの政党になることを目指し、自民党に代わって政権を担いうる強力な態勢を築く必要性を共有した」と強調。「大きな政治判断については党首会談に委ねたい」と述べた。

 平野氏も「幹事長レベルで積み上げるところは積み上げた。大義のために一つの政党を目指して頑張っていく」と語った。