抽象表現 集大成の一冊 アート写真家・森村さん作品集

©株式会社上毛新聞社

「デジタルアート写真を普及したい」と話す森村さん

 アート写真家として活動する森村高明さん(75)=群馬県伊勢崎市三光町=が、写真集「つれづれなるままに」を刊行した。撮影した写真に独自の表現を加えたデジタルアート写真を中心に85点を収録。単なる写真集ではなく、環境破壊への警鐘といったメッセージ性もある。「集大成のような一冊。創作写真の面白さを見てほしい」と話している。

 元銀行員の森村さんは2006年に写真活動を開始。同年の第1回伊勢崎市観光フォトコンテストでグランプリを受賞したのを機に、本格的に取り組むようになった。当初は風景などを撮影していたが、抽象的な表現で芸術性を高めようと、パソコンソフトを使ったデジタルアート写真という独自の分野を開拓。今年2月の国際公募展「ル・サロン」では写真部門で日本人唯一の入選を果たした。