メッシ、フリーキックの秘訣を明かす

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: Gettyimages

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは自身のフリーキック成功の秘訣を明かした。27日、英紙『デイリーメール』が伝えている。

メッシはこれまで直接フリーキックで52ゴールを記録しており、同選手のフリーキックは相手チームに対してかなりの脅威となっている。昨シーズンのラ・リーガで41のフリーキックで6ゴールを記録したメッシ。今シーズンは既に12のフリーキックで4ゴールを記録している。

そんなメッシはフリーキックのためにゴールキーパーの動きを研究しているようだ。

リオネル・メッシ

「僕はフリーキックの際に、よりキーパーの動きを見るようにしたんだ。キーパーがボールを蹴る前に動くか、ステップを踏むか、リアクションしないか、壁をどこに配置するのか。

確かなことは、すべては研究とトレーニングだぅてことだよ。トレーニングを経て徐々に良くなっているよ。リーグで得点王でいることは特別なことなんだ。記録の中でも特別なものの1つだね」

メッシは今シーズンラ・リーガとチャンピオンズリーグで計18試合に出場し、既に15ゴールを記録している。ラ・リーガでは怪我の影響もあり13試合の出場にとどまっているものの既に13ゴールを記録し、得点ランキングでトップに位置している。

32歳となった今でも努力と研究を怠らないメッシ。来年のバロンドールの可能性も、もちろん期待されるだろう。