【1月の推しゲー】巻いてヨシ! 誘ってヨシ!! のNEWジャンルターミナルタックル『チキチキシンカー』【#ゲーリーつり部でシャキーン!!】

©株式会社 内外出版社

アングラーの技量を問わず、バスとの出会いを確約してくれる心強い味方、我らがゲーリーワーム。そのさまざまなラインナップを、もっともっと有効活用するために、ゲーリーファミリーのそうそうたる面々が基本からシークレットまでをルアマガプラスの読者にも公開しちゃいます!! ただし今回の主役はワームではなく、その活用範囲をさらに広げるアイテム『チキチキシンカー(ヤバイブランド)』をご紹介! 解説は、ハートテイルの生みの親、市村直之さんにお願いしました!!

フィネスからパワーフィッシングまでさまざまな引き出しを持つゲーリーつり部・テクニカルゲーム担当部員

【Profile】
市村直之(いちむら・なおゆき)
JBトップ50霞ヶ浦水系戦で優勝するなどトーナメントでの活躍は誰もが知るところ。かたやそのソフトな人あたりから琵琶湖の超人気ガイドとしても名を馳せる。名作ハートテイルをプロデュースするなど、ルアー作りにも長けたマルチプレーヤーだ。

使い方はアングラー次第!! ブレーデッドスイムジグちっくな魔法のオモリ

これはブレーデッドスイムジグなのか…いえいえ、未知の可能性を秘めた、ヤバイブランドの“Tiki Tiki sinker”(チキチキシンカー)です。当連載ではこれまでゲーリーが展開する“ワーム”にフォーカスしてきましたが、今回は各ワームの、アクションの幅をさらに広げるこちらのアイテムを紹介しましょう。

チキチキシンカー(ヤバイブランド) ●ヘッド素材:樹脂タングステン ●重量:1/2oz ●入り数:1※Feco認定商品

一見するとたしかにブレーデッドスイムジグのヘッド部分のみのパーツ構成ですが、アンダーバランスで設計されたウエイトにブレードは可動式、スプリットリングとスナップのジョイントであらゆるフックに対応できてしまうのがこのシンカーのSUGOIところ。

最大の特徴はやはり、水受けの良いブレードにあり! 左右への首振りを強くするワイドなブレードは、シンカー側のエッジがサーフボードのいわゆるムーンテール状にカットされていて、心地よくも力のあるアクションを演出します。つまり、その動きをあらゆるワームに伝達できるということ。これはもう新たなルアーあるいはリグと言えます。

テールアクション系とのセッティングが基本

この組み合わせはNGなんて堅苦しいルールは特にありませんが、ブレードデッドスイムジグの要素が加味されることを考えたとき、最もベーシックなのはスイミングに適したワームとのセッティングになります。僕の場合、多用するのは3.5インチハートテイルやジャンボグラブ、スレンダーグラブなど、シャッドテール系およびグラブ系のラインナップ。

ハイシーズンはいわゆるブレーデッドスイムジグ的使い方がベースになります。狙う水深やリトリーブスピードを意識しながらテンポ良く巻いていきましょう!

ゲーリーマテリアルにしか出せない艶めかしくもナチュラルな食わせのテールアクションに、バスにアピールする強い波動をプラスできるので、琵琶湖のウィードフラットなど広大なエリアを効率良く狙っていくことが可能になります。

また、チキチキシンカーのウエイトは1/2ozで設定されており、今までノーシンカーやウェイテッドフックリグでは困難だったミドル~ディープレンジがトレースできるのも大きな利点です

さらに…お気付きですよね?

フックは他のリグ同様にセルフウィードレスでセットできるという点。これはつまり、カバーに対して根がかりを恐れることなくタイトにアプローチできるということ。

シャローカバーもウィードインサイドもストレスフリーで狙えるし、なおかつミドル~ディープも安定したスイム姿勢でしっかりと探ることができる、それがチキチキシンカーなんですね。

冬のチキチキはメタル的アクションで!!

言うまでもなく使い方の基本は“巻き”です。が、個人的に最近ハマっているのはメタル的ロッドワーク!

この場合、チキチキシンカーにあえてブレードアクションの影響を受けやすい、ひと回り小さいサイズのゲーリーワーム、具体的には2.9インチレッグワームや4インチグラブなどをセットして、メタルジグを操作するように細かくボトムバンプするんです。

最近ハマッっているスモールワームとの組み合わせ。キャスト後ボトムまでフォールさせてから、メタル系ルアーのロッドワークで、ぶるぶるストン、ぶるぶるストン…と刻んでみてください。

チキチキシンカーはブレードが可動するため、フォール中はブレードがヘッドに対して折りたたんだ状態となるので水の抵抗を受けません。したがって、先端寄りに重心を配置したウエイトバランスと相まって、狙ったスポットにストンと正確にフォールさせられます。

その無抵抗なフォールから一転、ロッドのリフトによってラインテンションをかけることでブレードが水をつかみ、リアのワームをぶるぶるっと動かす仕組み。要は静と動のメリハリが利いて、リアクションバイトを誘発できるんですね。

【参考タックル】※メタル的活用法●ロッド:インフィニットブレイドIBC-610MH(ism) ●リール:バンタムXG(シマノ)●ライン:Bawoエクスレッド14Lb(東レ)

そう、スモールサイズのワームを使用するのは、ブレードアクションがより明確に伝わるのとスピードが得られるからです。これからの極寒期には、さらにメリハリがハッキリする3インチファットヤマセンコーなどストレート系ワームもオススメです。

貴重な1尾を手にするためにはフックもオフセットタイプにこだわらず、一瞬のバイトをモノにできるようマスバリやストレートフックも試したいところ。

さまざまなロケーションや状況に対応できるチキチキシンカーを使って、この冬も寒さに負けずバスフィッシングをエンジョイしてください!!

[ アルバム : 【写真のまとめ】 はこちら ]