米政権、次期国務長官候補を検討

ポンペオ氏の上院出馬に備え

©一般社団法人共同通信社

ワシントンのホワイトハウス(AP=共同)

 【ワシントン共同】米CNNテレビは27日、ポンペオ国務長官の上院選出馬に備え、トランプ政権が次期長官の候補者リストの検討に入ったと伝えた。オブライエン大統領補佐官やムニューシン財務長官、ビーガン国務副長官らの名前が挙がっているという。

 ほかにもブランスタド駐中国大使の起用も取り沙汰されていると指摘。ワシントン・ポスト紙はグレネル駐ドイツ大使らの名前も挙げた。CNNは来年11月に大統領選があるため、後任決定は急がず、ビーガン氏を国務長官代行にする可能性もあるとしている。

 米政界ではポンペオ氏が、地元の中西部カンザス州から上院選に立候補するとの見方が根強い。