捨てないで!キャベツの芯がおいしいドレッシングに大変身

©株式会社サンケイリビング新聞社

クリスマスや年末年始のこの時期、ちょっと悩むことといえば「晩御飯」。

せっかくのお祭りシーズンなので、ちょっと豪華にしたいけど、お料理が苦手だし、そもそもレパートリーがあんまりない私はとても苦労します。

そんな時に、普通の野菜サラダが、ちょっとおいしくなるドレッシングの作り方を発見して、嬉しくなったので、記事にしたいと思います。

野菜室にキャベツと水菜しかなかった!衝撃

私の娘は、比較的好き嫌いもなく、何でも食べる方なのですが、水菜は苦手です。

でも、野菜室が空っぽになるまで補充しないわが家、その日、野菜室に水菜とキャベツしかなかった・・・・!

野菜室を開けた瞬間に思わず「げっ!」という声が漏れました。

大失敗です。

もう少し何か買っておくべきだった・・・

まあ、言い訳をさせてもらうと、娘がインフルエンザで買い物に行っている余裕がなくて、ちょっとうっかりしてたんですよ。

しょうがないですよね?!(←同意が欲しい)

ただのグリーンサラダをおいしくするには?

お肉やハム、卵や練り物なんかはあるので、メニュー的には何とかなったのですが、水菜とくれば野菜サラダにしたいところ。

でも、娘は水菜サラダがちょっと苦手・・・。

じゃあ、ドレッシングをいつものとはちょっと変えてみようかな?と思いました。

そうすれば少し新鮮な気分で食べられるかも・・・。

野菜サラダはドレッシングでかなり雰囲気変わりますよね。

いつもの手作りドレッシングにあれを入れてみた

わが家は大抵ドレッシングは自分で作っています。

というと、なんかすごい手をかけてお料理している感じがしてしまいますが、基本はポン酢とオリーブオイルを、同じ量で混ぜるだけという手抜き感満載のドレッシングです(笑)。

気分でポン酢を増やすこともあります。

そこに塩コショウ、白いりごま、ニンニクのすりおろし、ちょっと特別にしたいときは人参、玉ねぎのすりおろしなんかも入れています。

和風にしたいときは、大葉のみじん切りとか、ゴマ油を使ったりしますが、できるだけ入れるようにしている野菜のすりおろし。

これが入ると、いい感じにポン酢の味を吸い込んで、サラダの野菜の上に止まってくれておいしく感じられるので好きなんです。

が、この日は残念ながらキャベツと水菜しかなかったので・・・・・

仕方がないので、キャベツの芯をすりおろして入れてみました!(笑)

どうなるのかこれ?と思いながら食べてみましたが、これが思いの外、正解でした!

出典:あんふぁんWeb

キャベツの旨みを感じる・・・?!

キャベツって、あんまり主役になることがない脇役的な存在ですよね。

色も淡いグリーンで主張しないし、味もキャベツ感を主張することもあまりなく・・・・

でも、今回のキャベツの芯を入れたドレッシングは、ちょっとキャベツの風味のようなものを感じました。

私、グルメレポが得意でないので、味に関するボキャブラリーが貧困でうまく説明できませんが、思ったよりおいしかったんですよ。

夫も娘も、「今日のドレッシングおいしい!」と言ってくれたので、その後、何回か作っています。

娘が苦手な水菜サラダも食が進むようで、残すことなく食べてくれました。

よかった〜!

出典:あんふぁんWeb

普段は捨ててしまいがちなキャベツの芯も、こうやって活躍してくれるのはちょっと嬉しいなあと思いながら、記事にしてみました。

もしよかったらお家にキャベツがあるときにお試しになってください。

キャベツの芯は出来るだけ新鮮な方がおいしいと思います〜

<あんふぁんメイト 岬さちこ>