中村哲さんの追悼展、山形・川西

井上ひさしの蔵書を通じて

©一般社団法人共同通信社

井上ひさしさん、中村哲さん

 作家の故井上ひさしさんの蔵書約14万冊などを収める山形県川西町の図書館「遅筆堂文庫」で、アフガニスタンで銃撃され亡くなった医師中村哲さん(73)の追悼展が開かれ、井上さんが読み込んだ中村さんの著書などが展示されている。企画した同文庫の学芸員遠藤敦子さん(61)は「井上先生の蔵書を通じて、中村さんの考え方や思いを感じてもらえたら」と話す。

 ページの端を折るなどして丹念に読み込んだ跡の残る計7冊の本や、井上さんが中村さんについて語った講演録が来館者を出迎える。

 展示は来年2月2日まで。問い合わせは遅筆堂文庫、電話0238(46)3311。