飛躍のOfficial髭男dism、4人中3人が今年結婚 残る楢﨑に質問飛ぶが...

©株式会社ジェイ・キャスト

4人組バンド「Official髭男dism」(通称・ヒゲダン)が2019年12月31日に、NHK紅白歌合戦に初出場する。

12月29日に東京・渋谷のNHKホールで音合わせを行い、その後報道陣向けの囲み取材に応じ、バンド活動もプライベートも充実した2019年を振り返った。

2019年は「飛躍の年」

5月発売の2作目のシングル「Pretender」が約半年でストリーミング総再生回数1億回を突破、7月発売の3作目のシングル「宿命」がテレビ朝日系「熱闘甲子園」のテーマソングに抜擢されるなど、大活躍の1年だったヒゲダン。

ボーカル&ピアノの藤原聡さんは、2019年を「飛躍の年」だとして、

「たくさんの方に僕たちの音楽を聴いてもらえる年になった。でも、もっとたくさんの人に自分たちの音楽を届けたいです」

とコメントした。

また、今年はヒゲダンにとってプライベートも充実した1年になった。ベース&サックスの楢﨑誠さんを除く3人が年内に結婚した。まず7月にギターの小笹大輔さんが結婚を報告。11月22日に藤原聡さん、12月18日にドラムの松浦匡希さんが続き、結婚ラッシュとなった。お相手はいずれも一般女性だ。

バンド内唯一の独身となった楢﨑さんは、結婚の予定について聞かれると

「考えときます(笑)」
「可能性はゼロってことはないです」

と冗談交じりに返した。