大分トリニータが2020年新ユニフォームを発表!デザインは「大分の城郭」

©株式会社コリー

大分トリニータとキットサプライヤーのPumaは27日、2020年シーズンの明治安田生命J1リーグで使用する新ユニフォームを発表した。

6年ぶりのJ1リーグを戦った2019年シーズンは堅守を武器に9位でフィニッシュし、見事に1部残留に成功。そんな大分の2020年シーズンに向けた新ユニフォームは、ホームタウンの“象徴”に触発されたデザインを採用となった。

Oita Trinita 2020 Puma Home

新ユニフォームのデザインは、城壁の三角形を組み合わせた幾何学的パターンのグラフィックが印象的。これはチーム名に由来するトリニティ(三位一体)と、ホームタウン大分の象徴的な城郭からインスピレーションを受けている。

このデザインは県民、行政、企業が三位一体となってホームタウンに活力を与えるという哲学を表現。J1での2季目に向けたクラブの意気込みが伝わってくる。

シャツ、パンツ、ソックスのコンプリートルックはこのような感じに。引き続き全身ブルーが基本パターンとなる。

Oita Trinita 2020 Puma Away

アウェイキットは引き続き、ホワイトを基調にチームカラーのブルーの差し色。幾何学模様のグラフィックはホームキットと共通のデザインとなる。

各部のスポンサーだが、ユニフォーム発表時点では胸が「ダイハツ九州」、右鎖骨は「昭和電工」、左鎖骨は「サインポスト」、背中上は「SBI損害保険」、背中下は「SBIいきいき少額短期保険」、左袖は「SOPH.」、パンツは「ネットワンシステムズ」となっている

コンプリートも継続して全身ホワイトを基調に。とても大分らしい雰囲気を感じるカラーコンビネーションとなっている。

Oita Trinita 2020 Puma GK

GKキットは2色を発表。他と同様に幾何学模様のグラフィックで、NEWキットは1stがレッド、2ndがグリーンに。イエローがラインアップから外れている。