明石家さんま“超不謹慎”発言にドン引き…「病を茶化してんじゃねー!」

©株式会社日本ジャーナル出版

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

年末恒例番組『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』(フジテレビ系)が12月24日深夜に放送され、MCの明石家さんまが、〝線維筋痛症〟で休養を発表したフリーアナウンサーの八木亜希子の状況を明かした。

さんまは番組冒頭で「今年は本当にいろいろなことがあった揚げ句に、今日当日、こんなことになるとは…八木が急きょ入院になりました」と、八木アナが入院したことを報告。続けて、「病室で見てるのかどうか分からんが…この時間は寝てるか。これ見てる元気あったら出て来てほしい」とエールを送った。

「八木アナは同番組で長年、さんまとコンビを組んでいたこともあり、さんまもかなり心配しているようです。つい2週間前にも一緒に食事したことを明かし、『2週間前、食事会があって。食事中に八木が〝横になっていいですか〟と言ったので、抱いてほしいのかなと思った』と発言。さんまなりに笑いに変えて明るい話にしようとしたのでしょうが、これがネット上で大批判を浴びているのです」(エンタメ誌記者)

ネット上では、

《線維筋痛症ってかなりの難病だぞ。抱いてほしいとか冗談でも言えないはずだ》
《何でも冗談めかして話すのはさんまの悪い癖。そもそも出て来てほしいとかふざけてるのか》
《マジで病気をかなり軽く考えているよね。こんな深夜に出て来れるわけねーだろ!》
《深刻な病をチャカしてんじゃねーぞ!》
《自分では愛情表現のつもりなんだろ。もはや老害です》

など、辛らつな意見が殺到している。

 

自死を選択するほどの痛み

線維筋痛症とは全身に激しい痛みが走る病気で、服がこすれたり、風が吹くだけでも激痛が走ることがあるという。国内の患者数は約200万人で、30~50代の女性が多いようだ。

「中には、2、3日おきに30~40カ所の麻酔注射を打って痛みを和らげている患者さんもいます」(医療ジャーナリスト)

こんな話を聞くと、さんまの発言がいかに〝他人事〟のように聞こえるか分かるだろう。

「2007年には日本テレビの大杉君枝アナウンサーが東京・渋谷区の自宅マンションから転落し、死亡しましたが、原因は出産後に患った線維筋痛症だといわれています。遺書には病気のことでかなり悩んでいたことが書かれていて、当時、訃報を聞いた日テレアナウンサー室では、あちこちですすり泣く声が聞こえたといいます。芸能生活の長いさんまなら、大杉アナのことは知らないはずはありません。八木アナの闘病生活を考えたら、冗談めかした発言など決してできないはずです」(芸能記者)

八木アナと懇意にしているさんまだからこその〝エール〟だったようだが、どうやら視聴者には理解されなかったようだ。