年越しの食材求め 「魚のアメ横」にぎわう 長岡・寺泊

©株式会社新潟日報社

 「魚のアメ横」で知られる新潟県長岡市寺泊地域の魚の市場通りは29日、年末年始の食材を求める多くの人たちでにぎわった=写真=。

 「大きいのは早いもん勝ちだよ」などと店員の威勢の良い声が響いた。カニ、イクラ、サケ、ブリなどがずらりと並び、買い物客が品定めしていた。

 胎内市の会社員女性(42)は「活気があって年末という感じがする。年越しに家族みんなでカニを食べたい」と笑顔で話した。