163キロ右腕が決勝登板回避 春は東邦石川&夏は星稜奥川が躍動… 2019年の高校野球

©株式会社Creative2

ロッテに入団する佐々木朗希、ヤクルトに入団する奥川恭伸(左から)【写真:編集部、小倉元司】

深刻な部員数減少、18年ぶりに15万人を下回る

 2019年の高校野球は春の甲子園は東邦、夏は履正社が優勝した。

 今年の高校野球を振り返ろう。

 2018年12月の「新潟ベースボールフェスタ」で、新潟県高野連は翌年(19年)4月の新潟県春季大会から「球数制限」を試験的に導入すると発表した。18年夏の甲子園で金足農の吉田輝星投手が予選から決勝の途中までを1人で投げぬいたことなどがきっかけとなり「球数制限」の議論が起こっていた。

 日本高野連は、新潟県高野連の「球数制限」に「日本全体で議論すべきこと」と待ったをかけ、4月に「投手の障害予防に関する有識者会議」を発足。13人の有識者による議論を開始した。

 春の甲子園は、平成最後の甲子園大会となった。決勝戦では東邦が、習志野を6-0で下し優勝。エース、石川昂弥の投打にわたる活躍が目立った。

 日本高野連が発表した資料によれば、夏の甲子園の予選である地方大会の参加校は3957校、部員数は14万3867人。参加校数は15年連続で減少し、部員数は6年連続減少した。特に部員数は前年から9000人以上減少し、18年ぶりに15万人を下回った。

 14年の17万312人から15%もの減少。甲子園の優勝は「全国4000校、15万人の頂点」といわれたが、校数、部員数ともにこの数字を割り込んだ。2010年ころから小中学校野球で顕著になっていた「野球離れ」が、高校まで波及した形だ。

U-18ワールドカップは5位に、来春の選抜大会より投手の球数制限を実施

 地方大会では、この春に163キロの剛速球を投げた大船渡の佐々木朗希投手に注目が集まったが、佐々木は岩手大会決勝で登板しなかった。大船渡は花巻東に敗退したが、佐々木を登板させなかった大船渡・國保監督の判断に賛否大きな議論が巻き起こった。

 令和最初の甲子園である第101回夏の甲子園は、決勝戦で履正社が、星稜を5-3で下して初優勝。星稜の奥川恭伸投手は5試合41回を512球という効率的な投球で注目を集めた。

 8月10日、岡山学芸館と広島商の試合で、岡山学芸館の先発・丹羽淳平(3年)が1回、広島商の3番水岡嶺(3年)の打球を顔面に受け、病院へ搬送された。飛びすぎる金属バットの弊害が浮き彫りにされた形だ。

 9月に韓国プサン近郊のキジャンで行われたU-18ワールドカップには、奥川、佐々木らが出場した。世界一を期した日本だったが、台湾、韓国、オーストラリアに敗れて5位に終わった。慣れない木製バットに日本選手が適応できなかったことが大きいとされた。

 10月16日、日本高野連の竹中雅彦事務局長が急逝。U-18大会にも同行し、有識者会議のとりまとめも行っていただけに衝撃は大きかった。

 11月、「投手の障害予防に関する有識者会議」が日本高野連に答申を出した。

 その主な内容は
・投手の障害を予防するため3連戦を回避する日程を設定する。
・大会期間中の1週間で1人の投手が投球できる総数を500球以内とする。
・部員のスポーツ障害の有無に関する情報を指導者と選手、部員、保護者と共有するために健康調査票が活用されるよう、加盟校に指導する。

 日本高野連の理事会はこの答申を受け入れた。来春の選抜大会から導入し、3年間を罰則のない試行期間とすることとなった。(広尾晃 / Koh Hiroo)