ウッドデッキを害虫やカビから守るなら?キシラデコールに決まり

©株式会社WAKUWAKU/リノベ不動産

キシラデコールという言葉を聞いたことがあるでしょうか。ほとんどの人は言葉すら聞いたことがないかもしれませんが、ウッドデッキを設置している方、ガーデニング用品を使っている方には、是非知っておいて欲しいものです。今回はウッドデッキについて紹介していき、キシラデコールの使い方について説明していきます。

キシラデコールはウッドデッキを守る防腐剤

キシラデコールとは、屋外に設置している木製の柵、ウッドデッキ、ガーデニング用品、遊具などを着色・保護したり、害虫やカビなどによる木材の劣化を防ぐ防腐剤のことです。その特徴として、木目を潰さない仕上げを行うことができ、木材の良さをそのまま残すことができる点が挙げられます。

キシラデコールの特色は木材に浸透させる
キシラデコールは木部に浸透させ、その性能を発揮させることが特徴です。その為、木部にペンキなどの被膜がある場合は、取り除いてから作業を行いましょう。

また、キシラデコールは塗膜を作らず通気性を保つので塗装面が割れたりする心配が少なく、再塗装する時も被膜を剥がす手間が省けます。その結果、メンテナンスがしやすいのも一つの特色となっています。

キシラデコールの塗装方法

それではキシラデコールの塗装方法について紹介していきます。

新品以外のウッドデッキは、洗って乾燥してから
新品のウッドデッキを使うのであれば必要ありませんが、設置して年数が経っているものは、まず汚れを洗い流してから塗装にとりかかりましょう。このひと手間を加えることで、防腐などの効果が高まり、耐久年数を延ばす効果が期待できます。

高圧洗浄で一気に綺麗にしていく!という手もありますが、ホースで手洗いをすることでウッドデッキの状態を見極めることができるので「補強した方がいいかな?」や「板を交換した方がいいかな?」などの判断を行うこともできます。

手洗い時に傷みが激しい板があれば、キシラデコールを塗装する前に交換するようにしましょう。
ウッドデッキを洗い終わったら、しっかりと乾燥させてください。

キシラデコールをよくかき混ぜよう
ウッドデッキの乾燥が終われば、いよいよキシラデコールの出番ですが、そのままの状態では顔料が底に沈んでいるので、開封後すぐに塗らずによくかき混ぜてから使用するようにしましょう。また、使っている途中も定期的に棒などでかき混ぜないと、顔料が下に溜まってしまいます。

容量の少ないものを購入した場合は、かき混ぜてそのまま使用できますが、もし大きい容量のものを購入した時には別容器に取り分けて使うなど工夫しましょう。

細かいところを上から下へ塗っていく
キシラデコールの塗り方は柱から床に「上から下」へ塗装していくのが基本とされています。まずは広いところを塗っていきたいところですが、最初は細かいところから塗り始める手順がおすすめです。

塗料をつけすぎてしまうとハケの扱いが悪くなってしまい、ムラになりやすくなります。適量をつけて、木目に沿って丁寧に塗ることが、コツと言えるでしょう。

広い部分は最後に丁寧に塗ろう
細かいところが塗り終われば、次は床板など広い部分を塗装します。一気に塗りたいと思う方もいるかもしれませんが、ムラが出てしまいますので、板を一枚ずつ綺麗に仕上げていくように意識することをお忘れなく。

また、板と板の隙間も忘れずに塗るようにしてください。細かいところをしっかりと塗装することで、防腐・防カビの効果が上がり、耐久年数に差が出てくる効果も得られるからです。

おすすめは3回塗り
キシラデコールは何回塗っていけばいいのか?と考える方もいるかもしれませんが、おすすめは「3回塗り」です。キシラデコールの耐久年数は約3~5年と言われています。カラレスを1回、色付きのものを2回塗ることで、その性能を十分に引き出すことができるでしょう。

但し、塗り重ね時の乾燥時間は1回につき、おおむね12時間程度かかります。このため、作業には2~3日の時間をかけるようにしましょう。

しかし、1回重ねて塗るだけで防腐・防カビ効果が上がり、耐久年数を延ばすことにつながるので、3回塗りの手間を惜しまないことをおすすめします。

まとめ

キシラデコールについてご紹介し、塗り方について説明しましたがいかがでしたか?屋外で使う木製のものであれば、基本的に何にでも使えますので、ウッドデッキだけでなく、ガーデニング用品や柵などにも活用してみましょう。

屋外で使用する木製設備などの防腐・防カビ、そして害虫対策に悩んでいるのであれば、多少の手間をかけても、キシラデコールを使ってみてください。耐久年数を長くできますし、再塗装する時も被膜を剥がす必要がないので、継続したメンテナンスも楽になるでしょう。