『義母と娘のブルース』一挙放送!“ありえねー”のツッコミを楽しもう!

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

綾瀬はるか 

(C)まいじつ 

大みそかの朝8時55分から、綾瀬はるか主演の『義母と娘のブルース』(TBS系)が一挙放送される。

同番組は2018年7月から地上波で放送され、平均視聴率14.2%を記録。最終回には最高視聴率19.2%をマークし、同時期の民放連ドラで1位を獲得。最終回を見た視聴者からは「涙が止まらない! 感動した」「続編が見たくて仕方ない」などの声が上がった。

「同ドラマは、元キャリアウーマンの亜希子(綾瀬はるか)がシングルファーザーの良一(竹野内豊)と結婚し、1人娘のみゆき(上白石萌音)と家族生活を築いていくというストーリー。〝お涙ちょうだい〟というドラマの王道をいく内容がウケて大人気になりました。最近のヒットドラマは軒並み医療、刑事モノばかりで、久しぶりのホームドラマヒット作となりましたね。しかし、一方で、良一が義母を受け入れない娘をわざと困らせるため、学童保育に迎えに行かないというシーンがあり、視聴者からは『いくら何でもあり得ないだろ』と批判を受けたこともありました。そういった声が上がるのも、ドラマが好調だった裏返しだったと言えるでしょうね」(エンタメ誌記者)

 

年末年始は“ギボムス”三昧

18年のナンバーワンヒットドラマだったたけに、当時、視聴の機会を逃してしまった人には、一気見できるいいチャンスに違いない。もちろん、この時期にまとめ放送されるのは、年明け1月2日に放送される『義母と娘のブルース 謹賀新年スペシャル』のための復習用という側面もある。

「番組終了直後から続編を求める声が殺到していましたが、いよいよ正月に、スペシャル番組として放送されることになりました。今回は、亜希子の再就職から1年後の2019年秋から物語が始まります。亜希子は大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、娘のみゆきは女子大生になっています。解禁されたキービジュアルでは、亜希子の膝の上に赤ん坊の姿があり、ネット上では『誰の子供だよ!w』『え、まさか子供を産んだのって…』といった声が上がっており、ファンをヤキモキさせています。制作関係者からは『今回もかなり泣かせます』という声も聞こえてきます。期待できそうですね」(同・記者)

年末年始は久しぶりに、家族そろって〝ギボムス〟を堪能してみてはどうだろうか。