ホークス今宮の自主トレ剛速球に、バンデンもびっくり 「ナイスピッチング」

©株式会社Creative2

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

大分・明豊高時に夏の甲子園で154キロをマークした

 ソフトバンクの今宮健太投手が自身のインスタグラムで、キャッチボール相手もビビる? 剛速球動画を投稿。これに同僚のリック・バンデンハーク投手が反応し、「ナイスピッチング」と返信している。

 今宮は「故郷に帰ってきました」と記したインスタで、グラウンドでキャッチボールする動画を公開した。ニット帽姿の今宮はセットポジションから「おりゃ~」と伸びのある直球。キャッチボール相手も体をよけて捕球し、「こわっ」と驚きの声を上げている。

 大分・明豊高3年夏の甲子園では投手として最速154キロの速球を投じた今宮。ソフトバンクの先発ローテの一角を成すバンデンハークも称賛する投げっぷりを見せている。(Full-Count編集部)