あの名曲と肩を並べる存在になりそうなジャニーズ・嵐と米津玄師のコラボ曲「カイト」

©株式会社ジェイプレス社

あの名曲に並ぶか。ジャニーズの人気グループ・嵐は紅白歌合戦でシンガー・ソングライターの米津玄師が作曲作詞をした「カイト」を初披露する。この曲は来年のNHKの〝顔〟ともいえる曲になるそうだが、この人気コラボでの楽曲はSMAPが作り上げた「世界に一つだけの花」のような名曲になるとの期待が高い。

嵐と米津がコラボした「カイト」は「NHK2020ソング」として使用される。これは東京五輪・パラリンピックはもちろんのこと、スポーツだけにとどまらず、NHKではさまざまな場面で使用し、2020年を象徴するような曲にしていくつもりだという。嵐のメンバーの鼻息も荒い。

近年の米津は一昨年の「打上花火」、昨年の「Lemon」と爆発的なヒットを生み出している。「NHK2020年応援ソング」として子供ユニット「Foolin」に楽曲提供した「パプリカ」も大ヒット中で、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌「馬と鹿」はドラマの枠を超え、日本のラグビー界を象徴するような楽曲にまで成長した。さまざまな音楽関係者が「いまの日本の音楽界は米津抜きにしては語れない」と言わざるを得ないほどの存在だ。

そんな米津が作った作品だ。ある音楽関係者は「来年は嵐にとって活動休止直前の年ですからね。力の入り方が違うし、やっぱりこのタイミングで日本中、だれもが知っている、口ずさめるような曲を作りたいというのが思惑にあるんじゃないかと言われています。当然、狙うところはSMAPの『世界で一つだけの花』に匹敵するような大ヒットでしょうし、NHK、米津、嵐と力が合わされば、それも可能なのではと言われています」。

SMAPの「世界で一つだけの花」は300万枚をこえる売り上げを誇るシングルで、だれもが知っている名曲だ。

「カイト」はどこまで迫っていけるか。

*画像イメージ