井岡、田中ら前日計量パス

31日、ボクシング世界戦

©一般社団法人共同通信社

前日計量をパスし、ポーズをとるWBOスーパーフライ級王者の井岡一翔=30日、東京都内のホテル

 ボクシングの世界戦(31日・大田区総合体育館)の前日計量が30日、東京都内で行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(Reason大貴)はリミットの52.1キロでパスした。6月に日本男子初の世界4階級制覇を達成した井岡は「31日の試合でこの1年が決まる。結果が2019年の答えになる」と力強く語った。挑戦者のジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)は52.0キロだった。

 WBOフライ級王者の田中恒成(畑中)、挑戦者のウラン・トロハツ(中国)はともにリミットの50.8キロ。田中は中国語で「全力を尽くす」と決意表明した。